よつばつうしん

2016年6月号(No.063)

 
つくる あそぶ 食べる
ご自宅でもパーティー形式でも
お問い合わせ:各産直センター

食べることが好き! 作るのが好き!という会員さんに向けて、よつ葉では料理教室を各地で開催しています。産直から紹介いただいたいろんなジャンルの料理を教えてくださる会員さん、生産者の皆さんが先生です。作るだけでなく、先生との距離が近く、聞きたいことがすぐ聞けたり、会員さん同士の交流があるのは、よつ葉ならでは。料理教室だけでなく、「よつ葉のあれ食べたい!」を実現する試食会も開催しています。ご自宅でも開催できます。ホームパーティー形式でもOKです。「こんなのどうですか?」と気軽にお声をかけてくださいね!  

(ひこばえ・西本美津子) 



ヘルシーで簡単
やさい村会員 西原惠美



「ぷるんぷあん」料理教室
4月23日、海運堂(神戸)で

乾燥糸こんにゃくは、子どもが小さい時にはすぐ使えるのでよく利用していましたが、家族構成が変わり、常備しているもののあまり利用することがなくなっていましたので、今回の料理教室はタイミング良く、よつ葉の料理教室に初めて参加させていただきました。
 個人のお宅をお借りしての開催で、知らないお宅にもかかわらず友達の家にお邪魔しているような感覚になっている自分が不思議でした。まずは「ぷるんぷあん」と名付けられた乾燥こんにゃくを販売されているトレテスの中川啓さんからのお話。
 このこんにゃくはインドネシア東部のジャワにあるトレテス高原に自生している「むかごこんにゃく芋」が主原料で、「ぷるんぷあん」はインドネシア語で女性という意味だそうです。そして、「ぷるんぷあん」はインドネシア残留元日本兵と日本人の友情の証になった商品であると教えていただきました。
 キッチンのテーブルには新鮮な材料が私たちを待っていました。メニューはよつ葉スタッフの下準備のもとに進められ、たらこ和え・チャプチェ・フォー・ジンジャーシロップと柑橘の4品とごはん。どれもおいしくて簡単に速くできるので活用できそうです。
 臭いがないのでデザートに使うとヘルシー。しかも食物繊維も取れるのでお利口です。今回はアジアン料理でごま油を使っていましたが、オリーブオイルにも合いそうなのでイタリアンにもチャレンジしてみようと思います。

 
残留日本兵から始まる歴史
やさい村会員 西やす子

乾燥糸こんにゃく、ぷるんぷあん。たまに使っていましたが、ワンパターンで使いづらいむきがありました。一見は百聞にしかず。料理教室に参加して経緯を伺い調理・試食。便利に使えることがわかり重宝しています。
 この乾燥糸こんにゃくが軌道にのるまでには幾多の困難があったと伺いました。第2次世界大戦後、残留日本兵として残らざるを得なかった多くの日本兵の1人、石井正治さんの血の滲むようなご努力のお陰で、「ぷるんぷあん」が広く知られるようになりました。
 こんにゃく芋は現地では糊の原料としてしか使われておらず、食品としての価値はなく、日本のように食品として広めたいと思っていた時期(1963年)に日本でこんにゃく芋が不足しているとの情報が入り輸出にこぎつけた。しかし、日本でこんにゃく芋が不作の時にしか輸出できず、不安定な時期が続いた。しかも生のままだと関税が半分以上を占め収益として望めそうになかった。

講師のみなさん

東大阪産直会員・本間さん
インドスパイス料理
川西産直会員・中野さん
お子さんと一緒に料理と絵本朗読
阪和産直会員・浅野さん
本場仕込イタリア料理
池田産直会員・梅崎さん
いんやん倶楽部の養生料理
生産者・津乃吉吉田さん
だしを生かした料理
李玉順さん
韓国料理
阪和産直会員・村上三保子さん
子ども料理教室 2歳から参加できる子どものための料理教室。お子さんのちからは偉大です。
中川啓さん(トレテス)
乾燥糸こんにゃくのお話とアジアン料理の教室
淀川産直会員・中谷美穂さん
薬膳料理
今後、韓国料理、子どもが作る料理教室なども行っていきたいと思っています。

1980年後半にはいり、広島の食品メーカーに勤めていた福田さんと知りあい、この方のアイデアで乾燥させお湯で戻して使う方法が考案され、1991年乾燥糸こんとして日本の店頭に並んだが、なかなか売れなかった1994年に、戦前インドネシアで知己を得た旧海軍通訳の山崎さんの来訪で転機がおとずれた。
 この時、山崎さんに同行された娘の中川智子さんのご努力で、日本で会社を設立、商品名を「ぷるんぷあん」と名付け、輸入販売が序々に軌道にのりはじめた。売上金は直後におきた阪神淡路大震災のボランティア活動にあてられ、活動終了後は各地の生協・健康食品店で売られるようになった。
 ぷるんぷあん=粒こんきらり・生こんにゃく麺、低カロリーで味もしみやすい食材です。イタリアではパスタの代わりに食されているそうです。


ページトップへ