産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

ヤマサ脇口水産 (和歌山県東牟婁郡)

持続可能な漁業のために

ヤマサ脇口水産は生マグロの水揚げ量日本一の和歌山県勝浦にあります。1897年、「ぼて売り」と言われる魚をカゴに入れて売り歩くことから始まりました。1910年代に廻船問屋( 長期航海する船舶に対して水・食料・備品等を卸す問屋)を開業すると共に、マグロ専門の卸売を開始しました。問屋業をする中で、漁船との関係が綿密になり、「いつ、どこの海域の、どのようなマグロが水揚げされる」という情報がいち早く入手でき、確実に良いものを買い付けられるようになりました。現在私で4代目になりますが、良い生マグロを取り扱うだけでなく、持続可能なマグロ漁のために取り組んでいきたいと考えています。

マスコミでも報道されているようにマグロ、特にクロマグロ( 本マグロ) は著しく減少しています。それは巻き網漁で海域やマグロの大きさに関係なく獲ってしまわれるのが大きな原因の一つです。そんな中で勝浦に水揚げされる生マグロは全て延縄漁のもので、大きな釣り針にかかる大人のマグロのみです。それは資源を守るだけでなく、味も大変良いのです。

この延縄でとれた天然マグロを船上で活け〆、特殊技術で急速冷凍し、鮮度を逃さず旨味を凝縮しました。地元で食べるとれたての旬の味を手渡ししたいという、漁師の思いが込められたマグロをぜひお召し上がりください。
  1. <
  2. <

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal