産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

三里塚物産(千葉県成田市)その3

かつて、開拓に貢献した落花生。現在は有機農業、輪作のパートナーです

落花生といえば千葉。それは、落花生の国内生産の7割以上を千葉県が占めていること、それと北千葉の関東ロームの火山灰土壌がおいしい落花生を作るのに適しているためです。

この落花生、明治の早い頃から北千葉の開墾に貢献してきた“恩人”ともいうべき作物です。明治になるまで、北千葉の台地(北総台地)は旧幕府の天領であり、広大な野馬の放牧地でした。冬は筑波颪(おろし)が吹きつけ、春は黄塵を舞い上げる強い西風で、夏の日よけとなる高木が育たない荒涼とした草地だったようです。明治政府はここを主として維新で秩禄処分を受け困窮していた下級武士たち貧民の救済のため開墾地とし、経験ある農家の次三男をつけて開拓にあたらせました。

落花生は肥料不足の荒地でも生育し、夏には葉が茂り畑を緑で覆い雑草の生育を抑えるので、荒地の開墾に最適の作物(パイオニア・プラントという)だったようです。第2次大戦後も北総地域は、戦争罹災者や復員軍人など多くの新規就農を受け入れます。この戦後開拓民たちも、開墾地にはまず落花生と麦を蒔いたということです。余談ですが、50年前、成田空港の位置決定に当たり、当時の友納武人千葉県知事が佐藤栄作首相に、「あそこなら、麦と落花生しか作らない開拓農民ばかりだから金さえ積めばどうにでもなる」と三里塚地区を進言したことが、農民たちの怒りに火をつけたのでした。

ところが、高度経済成長期に首都圏への野菜供給地として野菜・スイカなどの栽培が広まり、逆に落花生は粗放栽培作物だとして業者に安く買いたたかれたこともあり、作付は減少しました。

ようやく近年、落花生づくりが地味を安定させること、脱穀後の草体残渣が良い堆肥材料になることなどから、真面目に有機農業に取り組む農家が輪作の中に位置づけるようになってきました。当社も無農薬・無化学肥料栽培を評価し、再生産可能な価格で買い取るようにしています。そんなこともあり、徐々に栽培農家、作付面積が増えてきています。

その落花生、ここ数年は不作が続き、皆さんに思うようにお届けすることができませんでした。今年は8月下旬まで作柄順調、豊作型と予想して喜んでいたのもつかの間、8月末から9月いっぱい長雨続きで地中の落花生粒が水に浸る期間が長かったため、落ち実、腐れが多く「平年作以下だよ」と農家から知らせが入ってきています。少し開始が遅れますがご了承ください。

(三里塚物産 平野靖識(きよのり))
  1. <
  2. < 生産者の皆さん
  3. < 落花生の花
  4. <

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal