産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

斉藤牧場 (北海道旭川市)

真冬の斉藤牧場は雪で真っ白。
子牛が生まれ雪が溶けるまで
忙しい日々が続きます

北海道・旭川は、四季がはっきりしているので、動物・人間ともに過ごしやすいところです。夏は30℃以上になり、冬はマイナス25℃くらいまで気温が下がるときがありますが、牛たちは寒さには強いので心配要りません。但し、11月に入って外に雪が積もってしまうと、牛の放牧はできなくなってしまうので、牛舎の中で過ごします。牛舎の中は牛の体温で暖かいほどです。

現在、親牛を29頭、育成牛を35頭を飼っています。できるだけ自然のままで飼育していますので、一般の乳牛がよくかかる乳房炎もほとんどありません。牛が本来持っている自然の抵抗力を最大限引き出して、人間はなるべく手をかけないようにしています。例えば、斉藤牧場では人工授精はしていないので、雄牛が2頭います。春から秋まで雄も雌も一緒に放牧していると、翌年2~4月にお産が始まります。年が明けると乾乳期と言って出産を控えて乳量が減り始めます。

放牧している期間は、牛たちは自分で自由に歩いて牧草を食べてくれるのですが、牛舎に入ると、人間が夏に刈り取った乾草をあげなければなりません。この季節は春、子牛が生まれ雪が溶けるまで、忙しい日々になります。

(斉藤牧場 斉藤拓美)
  1. < 斉藤牧場の自然放牧牛乳
    旭川の斉藤牧場で自然放牧で育てた牛乳。四季で異なる風味を楽しめます。ノンホモ・65℃30分殺菌。

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal