産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

西製茶所(島根県出雲市)その2

毎日飲むものだからこそ健康な土で育ったお茶を

西製茶所は島根県東部の出雲地方に位置し、1923年に創業しました。この地域は江戸時代後期の大名茶人、松平不昧(ふまい)の影響で茶や和菓子の文化が今も強く根付いています。出雲平野とその周辺の清澄な環境の下、小規模ながら今は3代目と私たち4代目夫婦がお茶の栽培・製造を続けています。

■お茶への考え方
すっと体にしみ込んでくる、それが私どもが理想とするお茶の姿です。そこに鮮烈さは乏しいかもしれませんが、だからこそ水のように空気のように日々の生活に欠かせないものになります。毎日飲むものだからこそ、健康な土で育った健康な茶葉からお茶を作ることが基本だと考えています。茶畑で作業をしていると、その中にも生態系があるのだと感じます。害虫もいればその天敵虫もいます。小さな耕運機で畑を耕せばミミズが出ますし、それを狙って鳥が耕運機の後ろをついてきます。私たちは土そのものを作ることはできません。しかしできるだけ生態系がきちんと機能するように、それを守る努力を続けていきたいと考えています。

■お茶作り
私たちは出雲地方で栽培された茶葉を原料にして煎茶やほうじ茶、玄米茶などの日本茶、さらに国産紅茶の製造も行っています。私たちが国産紅茶の製造を開始したのは、その存在がほとんど忘れられてしまっていた1985年のこと。今年でちょうど30年を迎えました。その頃ほとんど姿を消していた国産紅茶を復活させ、皆さまに愛される紅茶を自らの手で作りたいという願いから私たちの試行錯誤が始まりました。紅茶も煎茶も、基本的には同じ茶葉から作られ、製法の違いによりそれぞれのお茶になります。茶葉が持つ「酸化酵素」をしっかり働かせて作るのが紅茶、逆に全く働かせずに作るのが煎茶です。それぞれの製茶作業は非常に神経と体力を使う作業で、最盛期には睡眠時間を削っての作業が続きます。確かに大変ではあるのですがその反面、生葉が少しずつ香りのよいお茶になっていく姿は見ていて美しく、喜びのある作業でもあります。


■出西(しゅっさい)しょうが紅茶
今回ご紹介する「出雲国産しょうが紅茶」は、地元出雲の出西地区で古くから作られてきた出西しょうがを使った紅茶です。連作障害の強い生姜ですが土壌消毒も行わず、栽培間隔を5年以上あけることで対応しています。出西しょうがの香りは比較的マイルド。だから飽きがこず、毎日のお茶としてご利用頂けます。苦味が少ないのでそのままでもおいしいですが、黒糖やハチミツなど少し甘みを加えてみるのもオススメです。我が家では、このしょうが紅茶を使って作るジンジャーミルクティーが定番です。

お茶は薬として始まり、文化として広がり、そして今は健康を助ける飲み物としても利用されています。皆さまがそれぞれ“お茶のある暮らし”を楽しんでいただけたらと願っています。

(西製茶所 4代目 西龍介)

  1. < 西さん一家。右端が西龍介さん
  2. < 出西しょうがは、比較的小ぶりです
  3. <

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal