産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

長根商店(岩手県九戸郡洋野町)

近隣のおじいちゃん、おばあちゃんが採った天然、原木栽培のキノコを水煮加工してお届け 

私たち長根商店は、岩手の県北沿岸の洋野町(ひろのちょう)でキノコ・山菜などの加工品を製造販売しております。創業は1941年、地元で収穫されたきのこを買い付けては隣の町などに行商したのが始まりです。近年では安定供給する為にハウス栽培のキノコの生産販売もしておりますが、創業当時から取り扱ってきた天然物や原木露地栽培物がやはり今も主力です。特に地元で採れた天然キノコには希少価値と魅力があります。

では何故、ここで採れたキノコは美味しいのか? それはここ洋野町がキノコにとって大変に恵まれた自然環境にあるからです。夏になると「やませ」と呼ばれる冷たく湿った風が吹き付け、夏でも長袖が手放せないほど寒暖の差が激しい気候です。湿度も高く、野菜や米などの農産物には生育しづらい環境ですが、それがキノコにとっては生育しやすい最適な環境なのです。この環境で育つキノコは、身が締まり肉厚で味の良いキノコに育ちます。そんな山で育ったキノコを、近隣のおじいちゃんやおばあちゃん、家族みんなが山にキノコ採りに行き、私たちのところに直接持って来られます。私たちは、そんなご近所さんから直接買い取りしているのです。毎年のように顔を合わせる方々との楽しいやりとりが9月から11月頃にかけて工場に響きわたり、秋の風物詩になっております。

しかしここ数年、自然環境が変わる中で、残念ながら収穫量は減少しており価格も安定しない状況です。正直言って、加工業を営む者としては扱いづらいところがあります。そうは言っても、自然の山に自生するキノコは子どもからお年寄りまで誰もが山に入って恩恵を受けることができ、地元の人たちはそうやって長年、山の恵みをいただいてきました。孫へのお年玉の足しにしたいと、毎年ここに来てくれるおじいちゃんやおばあちゃんの為にも、可能な限り続けていきたいと思います。そうすることが、東日本大震災の津波で原料倉庫が損壊したにもかかわらず、沢山の皆さまからの温かいご支援によって、この地で事業を続けることができている私たちが果たすべき務めだと感じています。

より多くの人にここ洋野町で一年に一度しか採れない山の宝=キノコの良さを伝え、多くの方々の食卓を笑顔にしていきたいと思います。ぜひともここでしか味わえないキノコをお召し上がりください。

(長根商店 長根繁男)
  1. <
  2. <
  3. <

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal