産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「よつ葉ホームデリバリー」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連絡会

丸友しまか(岩手県宮古市)その7

宮古水産高校×岩手県立大学「復興girls&boys*」とのコラボ商品「鯖しいたけ煮付け缶」


今回のプロジェクトは、岩手県沿岸広域振興局(宮古農林振興センター)が宮古の農産物と水産物をより多くの方に広めていくために、アイディア豊かな若者たちと協力したいと考えて始まりました。スタートするにあたり、宮古水産高校は地元校として毎年加工品開発に取り組んでいることから、コラボをお願いしました。

まず柔軟な発想から数多くの試作品が生まれ、それらを持って多くのイベントに参加し、試食販売を通じて商品を絞り込みました。来場者からの意見をできる限り反映させた結果、鯖としいたけの組み合わせが好評となりました。さらに試行錯誤を重ねながら改良を進め、2019年夏に行われた三陸防災復興プロジェクトでお土産品に選ばれ、大好評のうちに完売。さらに9月の岩手県の食品コンクール「岩手ぅんめぇ〜もん!! グランプリ2019」では見事優秀賞を受賞することができました。

こうして多くの方から好評を得て、継続した販売を求められるようになりました。ところが、宮古水産高校は学びの場。販売を目的に製造するのは困難です。私たちとしてもなんとか力になりたいと思い、岩手県沿岸広域振興局とともに地元三陸の製造元を何社も探し歩きました。そんななかで陸前高田の「タイム缶詰」さんをご紹介いただき、製造を引き受けてもらいました。そして販売は、私たちが引き受けることにしました。

さらに商品化するにあたり、パッケージデザインも一新。岩手県の沿岸企業の復興を手助けをしたいと活動している、岩手県立大学「復興girls&boys*」にお願いしました。学生が描いた鯖としいたけのイラストも取り入れて、商品開発の思いも引き継いだパッケージとなっています。

こうして完成した「鯖しいたけ煮付け缶」は、とても多くの方が関わり、たくさんの思いが詰まった商品です。原料で使用している三陸産鯖は大型の秋鯖だけに限定し、宮古産原木しいたけも肉厚のものを厳選。鯖としいたけの旨味がほどよく調和しとてもおいしくいただけます。また、肉厚の原木しいたけの食感もぜひ楽しんでください。

 (丸友しまか 島香 尚)
2020年『Life』180号



(左)見事優秀賞を受賞しました。
(右)数多くの試作品を試食しました。

  1. < 丸友しまか
    鯖しいたけ煮付け缶
    三陸産の大きなサバと宮古産の原木椎茸を使った、
    醤油味ベースの缶詰です。

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal