産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

熊野鼓動(和歌山県田辺市)その2

全国唯一の「飛び地」の村、和歌山県北山村だけで採れる「じゃばら」


「じゃばら」は全国唯一の「飛び地」の村、和歌山県北山村に古くから自生していた柑橘です。『邪気(じゃき)を祓(はら)う』がその名の語源とされ、村では縁起ものとして昔から正月料理には欠かせないものです。

この「じゃばら」、熊野の山で自然交配によって生まれたもので、1971年に専門的な調査・研究の結果、国内はもとより世界に類のない全く新しい品種であることが分かりました。見かけはユズに似ていて、11月~12月に収穫されます。しかし、ユズと違って枝にトゲがなく、糖度と酸度が絶妙に調和し、まろやかな酸味、独特の苦味を有し、ユズやスダチなど他の香酸柑橘とは違った個性的な味わいが特徴です。

村では過疎に悩むこの地域の産業に育てようと、住民に栽培を呼びかけてきました。当初はなかなか広まらなかったのですが、アレルギー原因の抑制が期待できるフラボノイドの成分「ナリルチン」がユズの6倍という圧倒的な量が含まれていることがわかってからは、花粉症の季節にテレビや新聞雑誌などで盛んに採り上げられ、有名になりました。一時は消滅の可能性も危惧されていましたが、次第に生産者も増えつつあります。

私たち熊野鼓動は、北山村に程近い奥熊野の地・本宮町に所在することから、過疎高齢化に悩む地域の課題を共有しつつ、創業当時より村の取り組みに協力してきました。「じゃばら」は、柑橘系でありながら寒さにも強いという独特の性質があり、この地域の気候、環境にふさわしい柑橘です。生産者の方々と協力しながら、世界遺産の里、紀州・熊野を代表する柑橘として大切に育てていきたいと思います。   

(熊野鼓動 亀岡佳奈)
  
  1. <
  2. <

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal