産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

小倉 水産食品 (鳥取県境港市)その1

5~6月に旬を迎えるアジを丸ごと味わってください

境港ではアジは通年たくさん獲れる魚で、昨年の漁獲量は約3万4千トンで境港全体の漁獲量の約3割を占め、魚種別でトップでした。“鯵”の文字は“参”が旧暦の3月で太陽暦の5月にあたり、この頃が真アジの旬ということからきている事や味が良いからアジになったとか言われています。特に旬の5月頃の時期は、まぐろのトロにも匹敵すると言われていて、脂質含有量が10%を超えることもあります(一般のアジは約7%)。とりわけ、山陰沖で漁獲される真アジは、この海域に生息する脂質に富んだプランクトンや豊かな甲殻類が餌となるので、脂のりが良く美味しいといわれています。

境港ではアジのサイズの大きさで呼び名分けがあり、小さい順から「極小ヒ」「タネ」「カボ」「スーパー」「小ヒ」「中ヒ」「大ヒ」と分けられます。「ヒ」とはアジの記号です。ちなみに「ツ」はイワシ、「メ」はサバとなっています。なぜそうなのかは、昔電話などの通信網が無い時代に境港の漁の情報を発信する際、モールス信号で送っていた時の記号がそうなったものだそうです。

今回は、「スーパー」「小ヒ」サイズのアジを旬が満喫できる鮮魚で、「タネ」「カボ」サイズのものは、刺身用フィーレにする際にどうしても出てしまう破れや端切れなどを身が潰れないように粗めにカットした「もったいないアジミンチ」で、また頭とお腹を取って処理した「骨まで柔らかアジフライ」としてお届けします。私たちとしては、境港で水揚げされる大小様々なサイズの魚を、できるだけ余すことなく美味しく加工してお届けしたいと思っています。ぜひアジの美味しさをいろいろな形で楽しんでみてください。

(小倉水産食品 小倉雅司)
  1. <
  2. <
  3. <

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal