産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連絡会

2018年9月3週(配達)*ご注文には入会手続きが必要です

  1. 別院食品 自分の家族にも食べさせたい豆腐
    季節を感じながら、持続できる農業を


    今から15年前、僕が焼き鳥屋で働いていた25歳の頃によつ葉の職員から誘われ、それ以来、別院食品で働いています。まだ子どもが小さかったので昼間にできる仕事をしたいとの思いで働き始めました。

    3 年くらいは与えられた仕事をこなす日々でしたが、よつ葉には生産者と会員さんが顔を合わせる産地交流会があり、僕も会員さんと一緒に北海道の大豆生産者を訪れたことがありました。

    その時に生産者、会員さんの前で豆腐について話さないといけなかったのですが、人前で話した経験もありませんでしたし、何より自分の仕事について深く考えたこともなかったので、うまく話すことができませんでした。


    この産地交流会に参加してから、仕事への向き合い方がちょっと変わりました。家でも豆腐作りについて話をするようになり、家族も食べものへ関心が向くようになって、“自分の家族が食べても安心なものを作りたい”と思うようになりました。


    実は子どもの頃、僕は豆腐がおいしいと思ったことがありませんでした。子どもたちが最初に食べたときの印象はとても大切だと思います。

    「最初に食べる豆腐が僕たち別院食品が作った豆腐で、“おいしかった”と思ってもらえるようにしたい」と今は毎日豆腐づくりに向き合っています。

    (別院食品 竹田)



    大豆の旨みを感じる冷奴がオススメ 別院食品絹ごし
    非遺伝子組み換えの菜種油 で揚げた人気の絹揚げ 別院食品 絹あげ 一つひとつ手作業でていねいに<br />
作っています
    ソフトなもめん豆腐 麻婆豆腐や味噌汁に大活躍 別院食品 もめん豆腐
    よつ葉のお豆腐★省農薬・無農薬栽培の 国産契約大豆100% 使用★海水由来のにがり( 粗製海 水塩化マグネシウム) を使用<br />
★乳化にがり不使用★消泡剤不使用市販の豆腐*乳化にがり、消泡剤:植物油脂が使用されており、乳化剤、酸化防止剤といった添加物も含まれ、植物油脂は遺伝子組み換えの原料が使われている可能性があります。


  2. 郷田さんの薬膳料理冬に備えてさつま芋


    【郷田 美紀子さん】プロフィール
    ごうだ みきこ/宮崎県綾町で漢方の考え方を取り入れた薬局&薬膳茶房を営む。そのかたわら「安全な食」「自然との共生」を目的に郷田農園を運営。「綾町の自然と文化を考える会」代表。

    夏が終わり、過ごしやすい秋を迎えました。この時期は、夏についつい食べすぎてしまった冷たい飲物や果物、生野菜の影響で、内臓は冷えた状態になっています。そこで今回の食材「さつま芋」。秋の食べものの代表格で、でんぷん質や食物繊維、ビタミンB1 やビタミンC が豊富。漢方ではエネルギーや力のもとになるのグループに入ります。体を温め、整腸作用にも優れたさつま芋で、冬の寒さ対策を今から始めましょう。

    かごしま有機生産組合の無農薬栽培のさつま芋です


    かごしま有機生産組合では、生産者全員が無農薬栽培無化学肥料にこだわり、おいしいさつま芋づくりに励んでいます。

    その中の一人、鹿児島県北部に位置する伊佐市の久保田さんは、米ぬかや魚カスでぼかし肥料を自作し、土の肥料分をギリギリまで少なくすることで、虫や病気を抑えています。また、苗を差し込む角度で芋の成長や形が変わることに注目し、苗の植え付け作業にもこだわって、ぷっくりとした甘みの強いさつま芋づくりを目指しています。

    漢方薬膳 五味調和図

    根菜も豚肉もたっぷり。具だくさんの食べるお味噌汁
    根菜たっぷり豚汁


    目安時間:約30分
    材料:(3〜4人分)
    さつま芋(中) 1本、里芋 2〜3個、人参 1本、ごぼう(中) 1本、好みのきのこ 50g、昆布 5cm 角、豚肉 200g、味噌 大さじ2、刻み青ねぎ・七味唐辛子 各適量
    作り方:
    昆布とともに、さつま芋、人参、ゆでた里芋、ごぼうを500ccの水で煮ていく。途中できのこも入れる。
    豚肉を油で炒めて①に入れる。
    あくを取りながら煮ていく。
    煮えたら、火を止めて、味噌と刻みねぎ、七味唐辛子をふる。




    さつま芋ごはん


    目安時間:約50分
    材料:(4人分)
    米 3合、さつま芋 2〜3本(中)、しょうが 1かけ分、塩 少々
    作り方:
    さつま芋は食べやすい大きさに切り、しょうがは細切りにする。
    普通に炊くより水の量を少し多めにして米をセットし、①を入れて炊く。
    炊きあがったら塩をふりかける。




    さつま芋のガネ
    「さつま芋入りかき揚げ」薩摩地方の郷土料理です。


    目安時間:約15分
    材料:(3〜4人分)
    さつま芋 2本、ごぼう(中) 1/2本、人参(小) 1/2本、しょうが 1かけ、塩・小麦粉・なたね油 各適量
    作り方:
    さつま芋とごぼう、人参、しょうがを千切りにする。
    小麦粉を水で溶いて、①と軽くあわせて揚げて、塩をふりかける。

    くまもと有機の会 熊本のごぼう 平田産業 よつ葉の菜種油


    さつま芋とりんごの含め煮


    目安時間:約30分
    材料:(4人分)
    さつま芋 2〜3本、りんご 1個、砂糖 1カップ、塩 少々
    作り方:
    さつま芋とりんごは、5〜8mm 厚さの半月状に切る。
    ①を鍋に入れ、浸るほどの水を入れ、砂糖と塩を加えて煮る。
    ※皮はむいても、むかなくてもお好みです。
    ※安心安全なものは皮ごといただけます。

    津軽産直 津軽産直のりんご 新光糖業 よつ葉のさとう


Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal