産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「よつ葉ホームデリバリー」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連絡会

よつ葉乳業産地交流ツアー(2018/7/26~28北海道)

7/26~28 北海道  よつ葉乳業産地交流ツアー  
生産者いきいき 仕事に誇り


体験牧場である「藤田牧場」では、乳牛の誕生を含めた一生と、酪農家さんの1日の作業などを学びました。藤田牧場には乳牛が百数十頭いるそうですが、それぞれに名前をつけておられ、乳牛への愛情が感じとれました。そのなかの一頭に搾乳体験をさせていただき、乳牛にはじめて触れました。思っていたよりとても大きかったですが、お顔はとてもやさしく「お母さん」という感じでした。


放牧型酪農をされている「大和牧場」は緑色の広大な放牧地で、乳牛の方から私たちへ近づいて出迎えてくれました。また、大和牧場は牧草とデントコーンの自給率を高め、純国産の牛乳づくりにご家族で取り組んでおられました。

「よつ葉乳業十勝主管工場」は、敷地面積が東京ドーム約5個分もある大きな工場であり、牧場から集まってくる生乳で、練乳を除く牛乳やバターなどの製品をつくられていました。衛生管理のされた工場では、従業員さんたちが製品の確認を真剣にされていたことが印象に残っています。

「共働学舎新得農場」では、バター作り体験、牧場・チーズ作りの工程と工場を見学させていただきました。共働学舎新得農場は、一人ひとりの個性を尊重されており、また、それぞれのメンバーさんも自分の役割を自分で見つけて作業に取り組んでおられるとのことでした。あわただしい毎日になりかねない私たちにとりまして「本当に必要な環境は何か」ということを考えさせられました。

生産者さんは、安全な食料の供給ができるように誇りをもって取り組んでおられ、いずれの牛舎や工場も衛生的な環境でした。また、いきいきとした笑顔でお話しくださるので、さらに応援していきたい気持ちになりました。

牛乳・乳製品の摂取は、加齢や疾患により筋肉量が減少し筋力・身体能力が低下するサルコペニアの予防のひとつとして有効性が期待されています。

よつ葉さんの牛乳やバター・チーズが、改めて信頼でき、今まで以上にもっと好きになりました。これからも、親子ともども、よつ葉さんの製品で健康に気をつけたいと思います。有意義な経験の機会をくださり、感謝いたします。

(大阪会員・葉廣泰代)



搾乳体験をする葉廣さん

    Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

    SSL GlobalSign Site Seal