産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

ようやくしのぎやすい季節となってきました。よつ葉では11月11日(土)・12日(日)に開催する「2017秋 よつ葉交流会」の準備を進めているところです。


●交流活動
今年の「よつ葉交流会」のメインテーマは「人のつながりが息づく地域社会の再生を目指して」です。私たちの活動の中心である食べもの(「産直活動」「生産活動」)を取り巻く状況が厳しさを増すなか、地域の気候風土のなかで育まれてきた第一次産業を大切にし、人々がいきいきと働き生活できる社会に変えていくこと、無限の成長を目指す経済システムから持続可能な社会システムに移行する手がかりを足元からつくりだすことが、ますます問われています。これに応えるために、各地で活動している人たちと互いにつながり、地域社会の再生を目指すきっかけにしたいと考えています。ご協力よろしくお願いします。


詳しくは今週配布の「2017秋 よつ葉交流会」チラシをご覧ください。また、『今週のお知らせ』でご案内している「よつばの学校」公開講座、各地で開催される「産地交流会」、「よつ葉の農場や工場の見学交流会」などへのご参加もお待ちしています。


●広報活動
こうした私たちの姿勢を発信していくために、広報活動をもっと活発に進めていきたいと考えています。よつ葉の活動の社会的な意味(存在意義)をどう捉え、どう伝えるのか? さまざまな社会的問題との関連の中で、食をどう考え、問題の解決に向けてどのような方向を目指すのか? 荒廃する自然と閉塞感が漂う社会の中で、魅力ある対抗軸をどうたてるのか?


こうした課題に向き合い、生産・流通・消費が信頼関係で結びついたもうひとつの仕組みを構想し、実践すること。『よつばつうしん』は、その方向性を共有する「場」でありたいと考えています。読者に開かれたメディアとして編集していきますので、あわせてご協力のほどよろしくお願いいたします。

2017年9月

  1. < 「2016春 よつ葉交流会」昼食会で(2016.3.6)
  2. < 「よつばの学校」公開講座 宮嶋望さん講演会(2017.7.23)
●活動費カンパにご協力をお願いします
交流活動・広報活動を自立した活動として展開するために活動費カンパのご協力をお願いしています。


よろしくお願いいたします。


PDFはこちら
*『よつばつうしん』では常時、会員や生産者のみなさんからの投稿をお持ちしています。日々の生活や仕事のなかで抱えておられる課題、またその解決に向けた取り組みの様子、地域の友人知人といっしょに取り組んでおられる活動の紹介などをFAXやメールでお送りください。
FAX:072-630-5606 メール:tosi@air.ocn.ne.jp

お問い合わせ
関西よつ葉連絡会
〒567-0827 茨木市稲葉町4-5-4F
Tel.072-630-5610 Fax.072-630-5606
E-mail yotuba-renrakukai@luck.ocn.ne.jp

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal