産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「よつ葉ホームデリバリー」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連絡会

エビフライ

“エビの太さ”が違います!

市販のエビフライは衣が7割、パプアニューギニア海産のエビフライは衣が4割です。
エビがしっかり、入っています。
パプアのエビフライは味も素材も違います


 エビ 

【パプア】
パプアニューギニア海産は天然エビ。水揚げ後も薬品を使いません。 
【市販】
ほとんどの場合、養殖エビが原材料で、養殖中から抗生物質を使い、水揚げ後は黒変防止剤、酸化防止剤などを使用しています。

 エビの加工法 

【パプア】
エビの太さはそのままで、エビの食感を残すために、一匹ずつ包丁で切れ目を入れます。食べやすいように、しっぽの一節まで殻を剥いています。
【市販】
エビを押し伸ばすため、細くなり、しっぽの一節の殻は付いたままです。

 衣 

【パプア】
金沢大地の国産小麦粉、桜井食品の国産パン粉など、一般的に家庭にある原材料で作っています。
【市販】
海外産小麦を使用し、さまざまな添加物がいっぱい入っています。

※エビフライの重量比較 (パプアニューギニア海産)エビ:衣= 6:4 (市販)エビ:衣= 3:7

商品ラベルの原材料は重量順に並んでいますが、パプアニューギニア海産のエビフライはエビが一番、市販は衣が一番です。断面を切ってみると、エビの太さが違うことがよく分かります。
  1. < パプアニューギニア海産
    天然エビフライ(ミニ)
    無薬品処理の天然エビに無添加の材料で衣を付けています。
    お弁当にぴったりミニサイズ。未油揚。

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal