産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

ぽん酢

果汁を生かしたものづくり

ぽん酢とは柑橘果汁に醤油やだしなどを合わせたものを言い、「酢」という漢字が使われていますが、本来は「酢」とは関係ないものとされています。しかし、保存性を高めるためと、酸味を補うために現在はほとんど「酢」を使うものが一般的です。

よつ葉で一番ポピュラーなぽん酢は『かけぽん』。チョーコー醤油の醤油に柑橘果汁などを加えたもので、酸味がまろやかで、酸っぱいものが苦手という人にも使いやすいということで人気があります。

市販のぽん酢ではいろいろな種類のものが出回っていますが、原材料で、よつ葉と違っているところは糖類、酸味料、アミノ酸、香料が使われていること。糖類はもちろん甘味を付け、酸味を和らげるために使用されますが、砂糖ではなく、果糖ブドウ糖液糖などが使われるのは少量で効果があって、価格が安くできるから。しかし、多くの液糖の原料はトウモロコシ由来のもので、遺伝子組み換え不分別のものが大半です。酸味料、香料は柑橘果汁の酸味や香りを、アミノ酸は味を補うために使用されています。また、原材料にゆず、かぼすなどの具体的な柑橘名が入っていないものは実際に何の柑橘果汁が使われているのか、わからないのも気になるところです。よつ葉で扱っているぽん酢は何の柑橘果汁を使用しているのか明示されています。
  1. < かけぽん(チョーコー醤油)
  2. <

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal