産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

File.6 危険な健康飲料が続々市場に

2016年4月1日から食品表示法が施行されました。この法律では、新たに機能性表示食品という「健康」を売り物にする表示をした食品をもたらしました。しかし、よく見ると、難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれているだけで、果物や野菜などの原料も使用されておらず、食品添加物がいっぱいの飲み物だったりします。健康食品の代表といわれる「トクホ(特定保健用食品)」も同じです。その代表格が「キリンメッツコーラ」や「ペプシスペシャル」などのコーラで、これまた添加物がたっぷり使われ難消化性デキストリンが加わっているだけの飲み物です。しかも、このような清涼飲料は、糖分が多いと「トクホ」や「機能性」表示ができないため、問題のある合成甘味料が使われています。

最近の健康ブームが、さらに新たな商品を登場させました。エナジー・ドリンクと呼ばれる清涼飲料水。栄養ドリンクにヒントを得たオーストリアのレッドブル社の「レッドブル」が火付け役になり市場を拡大してきました。エネルギーをもたらすのは糖とカフェインであり、それが主体の飲み物です。これまた果物や野菜などの原料を使用しておらず、食品添加物がいっぱいの飲み物です。しかも、糖やカフェインの取り過ぎは大変危険です。異性化糖(ぶどう種)の摂取のし過ぎは血糖値を急激にあげ、糖尿病の原因になり、肥満の原因にもなります。カフェインは、神経を興奮させることで「元気である」という錯覚を起こさせるのですが、お茶などに含まれている天然のものと違い、人工的に添加されたものは、中毒や依存症の危険性が強まります。元気は錯覚であり、摂取し続けると健康を害する原因になります。

■エナジードリンクの原材料
原材料 : 砂糖、ぶどう糖、酸味料、L- アルギニン、カフェイン、 イノシトール、ナイアシン、パントテン酸Ca、 ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12、香料


本当に健康に良く元気になる飲み物は、できるだけ農薬や化学肥料を使わないで作った農作物を原料としたもので、危険な添加物も使っていない野菜や果物のジュース、それにお茶です。 
  1. <
天笠啓祐さん:
環境・食品ジャーナリスト。市民バイオテクノロジー情報室代表。
「遺伝子組み換え食品いらない! キャンペーン」代表

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal