産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

File.4 「ゼロ」表示食品と人工甘味料の危険性

最近、「ゼロ」を強調した清涼飲料やお菓子が増えている。「糖質ゼロ、カロリーゼロ」などと表示して、健康を売り物にしているのである。その他にも「カロリーオフ」「微糖」など、カロリーや糖質にこだわった飲み物や食べ物が多くなった。とくに多いのが清涼飲料で、コカ・コーラゼロ、ペプシネックスゼロなどが販売されている。それら「ゼロ」「低」「微」を売り物にした食べもの、飲みものの表示を見ると、確かに砂糖や異性化糖は使われていないが、甘い。それは、合成甘味料が使われているからである。

甘味料も様変わりした。かつてはサッカリン、チクロから始まり、それらが安全性に問題があるということで禁止されると、アスパルテームや天然甘味料のキシリトール、ステビア、ソルビトールなどが主流となった。現在よく使われている合成甘味料が、ネオテーム、スクラロース、アセスルファムK である。これらは砂糖よりも、安価で大量生産できるため重宝がられているが、いずれも健康障害をもたらす可能性があるなど、問題があるものばかりである。

ネオテームは、アスパルテームを改良したものである。しかし、アスパルテーム同様、動物実験で脳神経系に影響し、脳腫瘍をもたらす可能性があるなど、安全性に疑問が出されている。スクラロースは難消化物質であり、下痢をともなう症状が出る可能性がある上に、遺伝子を傷つける「変異原性」の疑いがもたれている。また、ダイオキシン などと同じ有機塩素系化合物であるため、有害性の強い不純物が生成される危険性が指摘されている。アセスルファムK は、インスリン分泌を促すため、糖尿病患者は気を付けなければいけないといわれている。また、苦みを持つため、他の甘味料と併用することが多いところに特徴があり、この混合は、化学物質同士であるので、化学反応をもたらし新たな化学物質が生成する危険性がある。糖質やカロリーなどと引きかえに、肝心の安全性を軽視することになりかねない。     
  1. < コカ・コーラゼロのラベル
  2. <
天笠啓祐さん:
環境・食品ジャーナリスト。市民バイオテクノロジー情報室代表。
「遺伝子組み換え食品いらない! キャンペーン」代表

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal