産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

File.3 清涼飲料は甘さの秘密が問題

清涼飲料の危険性のひとつに甘さの問題がある。糖が多いものは当然甘い。しかし、糖質ゼロを売り物にしているものも甘い。多いのも問題、少ないのも問題なのである。今回は、糖の多いものを見ていく。例えばスポーツ飲料の「ポカリスエット」の表示を見ていくと「砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料など」と並んでいる。含有量の多い順番に並んでいるため、砂糖に果糖ぶどう糖液糖と糖が多いのが目立つ。この飲み物500mlに含まれる糖は約31gで、3g のスティック・シュガーが10本も使われていることになる。とてつもなく多い量の糖を摂取することになり、ペットボトル症候群と呼ばれる急性糖尿病に陥る危険性があり、更にずっと飲み続けると、本格的な糖尿病になる可能性がある。

特に問題なのが異性化糖で、果糖ぶどう糖液糖などの形で表示される。異性化糖は、砂糖に比べて肥満や糖尿病になりやすいことが各種調査で明らかになっている。というのは、ブドウ糖と果糖が分かれて存在し、しかも液糖の形で用いるからで、すぐに吸収され急激な血糖値の上昇をもたらし、インシュリンの分泌にも影響を及ぼし、糖尿病の引き金になる。また果糖は、摂取しても人間の脳はこれ以上必要ないという指令を出さないため、どんどん摂取してしまい、余分なものは脂肪になってたまり、肥満の原因になり、成人病を引き起こす可能性がある。

■ポカリスエットのラベル
原材料:砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)


異性化糖は、清涼飲料だけでなく、菓子、調味料、酒類などさまざまな食品に用いられている。その理由は、砂糖に比べて3割近く安いからで、その原料は大半がコーンスターチである。その原料のトウモロコシは、ほぼ100%米国から輸入され、その約9割が遺伝子組み換えで、モンサント社の種子である。もしTPPによって国産の砂糖の保護政策が打ち切られると、私たちの食卓から国産の砂糖が奪われるだけでなく、米国のトウモロコシによって、日本の食卓の「甘味」が独占されることを意味する。

次回は低カロリーを売り物にした飲み物を見ていく。中には「糖質ゼロ」を売り物にしたものもあるが、この甘さの秘密と問題点について見ていく。

(天笠啓祐)
天笠啓祐さん:
環境・食品ジャーナリスト。市民バイオテクノロジー情報室代表。
「遺伝子組み換え食品いらない! キャンペーン」代表

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal