産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

2017年『life』460号 “フッ素洗口”は危険です


子どもたちへのフッ素洗口を強制する動きが強まっています。虫歯予防のために用いられているフッ化ナトリウムは、原料粉末が10倍に薄められているものの、劇物に指定されている、ごくわずかな量の摂取で死亡する猛毒物質です。口などに入れるのはもってのほかです。フッ素洗口では、これを水に薄めて子どもたちが口に入れてすすいでいます。30秒から1分間すすぐのですが、この間、飲み込むのを防ぐのは困難です。また歯が生え変わる前の子どもがフッ素を用いると、斑状歯と呼ばれるエナメル質が正常に形成されないために起きる歯の変色をもたらす病気になる可能性が高くなります。

虫歯の予防のためといわれていますが、現在、子どもたちの虫歯は確実に減少しており、2016年度の12歳児の虫歯は0.84本と、1本以下になりました。減った原因はフッ素ではなく、虫歯になる仕組みが分かり、対策が立てられてきたからです。

なぜフッ素洗口が強制されるのでしょうか。その背景には、政府が健康・医療を国家戦略に据えたことがあげられます。2000年から始まった「健康日本21」によって、21世紀における国民運動に健康が据えられ、第二次安倍政権になり、さらに経済成長戦略の大きな柱に「健康・医療」が据えられ、その中に「歯の健康」も入れられたからです。

政府は2011年8月に「歯科口腔保健の推進に関する法律」を成立させました。同法推進のための「歯科口腔保健の推進に関する基本的事項」の中にフッ素推進が示されました。自治体の条例化も進められ、ほとんどの自治体で歯や口腔に関する条例や保健計画が実施され、そのほとんどがフッ素推進を明記しています。国を挙げてフッ素使用にまい進していますが、その犠牲になるのは子どもたちです。

(天笠啓祐)

  1. <
天笠啓祐さん:
環境・食品ジャーナリスト。市民バイオテクノロジー情報室代表。
「遺伝子組み換え食品いらない! キャンペーン」代表

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal