産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「よつ葉ホームデリバリー」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連絡会

2019年『life』120号

農薬に汚染された輸入小麦とパン


小麦粉の農薬残留検査の結果が出ましたので、紹介します。検査した農薬は除草剤のグリホサートで、検査を依頼したのは「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」です。この農薬は、遺伝子組み換え作物の9割近くに使用されており、加えて、収穫前に撒いて作物を枯らし、収穫しやすくするプレハーベスト農薬にも使用され、年々食品への残留が増えています。小麦はとくにプレハーベスト農薬での使用量が増えている穀物です。全部で14検体検査しましたが、輸入小麦粉は程度の差こそあれ、ほとんどから検出されました。

特にパンによく使われている強力粉の汚染が目立ちます。これらは米国北部とカナダで生産された小麦から作られています。また、その強力粉でも全粒粉ほど汚染されていることが示されました。胚芽や表皮に農薬が残りやすいからです。逆に国産の小麦からは検出されず、海外産でも有機であれば検出されませんでした。

米国やカナダでは、グリホサートの使用量が増えたことから、農家の健康が脅かされると同時に、食品への残留量が増え、健康被害が消費者にも広がっています。発がん性があり、加えて妊娠や出産への影響子どもなどへの神経障害等も報告されています。日本でもパン食が増えており、とくに子どもたちへの影響が懸念されます。国産小麦にはプレハーベスト農薬は使われていません。国産でも、できたら農薬を使っていないか、可能な限り抑えた小麦を使ったパンやうどんなどを食べるようにしたいものです。

小麦の検査結果(主な製品) ※農民連食品分析センター(分析) 強力小麦粉(日本製粉) 0.37ppm日清全粒粉パン粉(日清フーズ) 1.10ppm北海道産小麦粉(日清フーズ) 検出せず輸入有機小麦粉(日清フーズ) 検出せず強力小麦粉(昭和産業) 0.186ppm


天笠啓祐さん:
環境・食品ジャーナリスト。市民バイオテクノロジー情報室代表。
「遺伝子組み換え食品いらない! キャンペーン」代表

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal