産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連絡会

2018年『life』260号 人気のチョコ菓子の食品添加物

人気のチョコ菓子の食品添加物
子どもたちが良く食べるお菓子だから、安全なものを


コンビニなどでロングセラーになっているお菓子の一つにL 社のチョコレート菓子「○×△」があります。チョコタイプで原材料、食品添加物に何が使われ、何が問題か見てみましょう。これには、ショートニングが使われているためトランス脂肪酸の問題がクローズアップされたことがあります。表示がないため、どの程度含まれているのか、いまだに分かりません。

原材料でさらに気になるのが小麦です。輸入小麦に間違いありませんので、残留農薬の問題があります。特に今問題になっているのが、プレハーベスト農薬で、発がん性があるグリホサートを使用していることです。プレハーベスト農薬とは、収穫直前に小麦を枯らして収穫しやすくする農薬です。

遺伝子組み換え作物由来の原材料・添加物に植物油脂、でん粉、ショートニング、カラメル色素、乳化剤があります。食品添加物で特に安全性で気をつけなければならないのがカラメル色素です。カラメル色素には4つの作り方があり、1つ目は糖類を加熱して製造する従来の作り方で安全です。糖類に亜硫酸を加えて作る2つ目は危険なので日本では禁止されていますが、3つ目と4つ目の2種類の作り方にも問題があります。アンモニウム化合物が用いられていて、この化合物が変化して発がん性が疑われる物質が作られるのです。現在、日本で出回っているほとんどのものがこの3つ目か4つ目を使用し、この場合もそれと思われます。これだけ問題があるお菓子を、子どもたちはよく食べているのです。
※ よつ葉の商品に使用しているカラメル色素は、1つ目の安全な作り方のもののみです。

原材料・食品添加物


チョコレート菓子の原材料:砂糖、小麦粉植物油脂、カカオマス、でん粉、ショートニング、乳糖、全粉乳、全卵、ホエイパウダー、脱脂粉乳、クリームパウダー、食塩、ココアパウダー、ココアバター/ 膨張剤カラメル色素乳化剤(大豆由来)香料
天笠啓祐さん:
環境・食品ジャーナリスト。市民バイオテクノロジー情報室代表。
「遺伝子組み換え食品いらない! キャンペーン」代表

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal