ひこばえ通信
2010年10月号(第291号)

ぐるーぷ自己紹介
花育サークル 花育人(はないくんちゅ)《吹田市》
心に添う**花育



「親子花育教室」の様子(2010.7.23)

分析・評価・比較をしないアレンジフラワーの「花育」

 お花には心を癒すパワーがあります。「花育」はそのお花を思いのまま自由にアレンジすることによる心の開放の空間と時間を提供する心理療法です。のびのびとした自己表現は右脳を活性化し左脳とのバランスを保ちます。出来上がった作品への想いを周りの人と共有し合い自他共に肯定しあうことは、生命力を伸ばし、「あるがままでいいんだ」と安心する気持ちは自らの心を育み感性を高めます。
 「花育人」では、講習テーマから各自が自由に創造して、たくさんの種類のお花の中から好きなものを選び表現していきます。さらに、リボンや布、紙、毛糸などのアート素材を取り入れ、デコレーションすることで、アート感覚でお花とふれあっていきます。

自分主体で物事を考える

 「自由にしてもいいんだよ」と言われても、考えを形にするのは難しいものです。人にはこだわりがあり、周りの人の目や意見、評価がとても気になるからです。「花育人」では「こうあるべき」「こうすべき」といった枠から開放された「自分はこうしたい」という気持ちを大切に、見守る講習をしていきます。自分の気持ちに向き合い認めることが出来た時、自分の中に「気づき」があるかもしれませんし、自分を認めることに慣れると、無理なく周りの人を認める自分に出会えるでしょう。

活動の中での感動

 参加した子どもたちは、お花を赤ちゃんを抱っこするかのようにとても大切に扱ってくれます。それまではパワーいっぱい動き回っていた子どもも、おしゃべり好きな大人も、作業中は息が聞こえるほど無口になり、ものすごい集中力です。会話もやさしくゆったりとしてきます。
 最近はすっかり無気力に生活されていた高齢のご婦人が、周りの人も驚くほど手際よくゆったりとアレンジされていたのは、やはりお花のマジックでしょうか?
 まだまだ認知度の低い「花育」ですが、「花育人」では、子どもから大人までのすべての人に、「あるがままでいいんだよ」のメッセージとともに、心の安定と癒しを通して「心を育む」サークルをめざします。
(石田純子・花育士/池田会員)


参加されたおかあさまの感想

♪子どもとお花にまつわる話が出来そう!
♪普段見ることのない息子の一面を感じました。
♪いろんな種類のお花に触って、アレンジできて子どもも私も楽しかったです。
♪いつもは束になったお花を買っていましたが、今後はバラで買って、子どもにさせてみようと思います。
♪子どもの性格が良く出るんだな〜って思いました。
♪これを機会に、好きな花を選んでアレンジしてみることをたくさんさせてあげたいな。
♪息子の好きな花が花びらの多い種類だとわかってオモシロかった。

 
*「花育」教室の講習例 *

今回のテーマとお花の説明

イメージの構想

器の準備

お花の選択

お花のアレンジ

写真撮影と花育日記の記入

シェア
(みんなで作品についての感想交換・共有)

グランディング


あるがままでいいんだよ!自由に表現してみよう!
〜HANAIKU〜 ★ For Everyone ★
これからのいろんな「花育教室」

*アロマセラピーと「花育」 *誕生数秘学と「花育」
*信念からの開放と「花育」 *スイーツと「花育」
*自分を知る「花育」 *子どもの為の「花育」
*親子の「花育」 *茶道と「花育」
・・・・・・おたのしみに♪

活動は、北摂近辺が中心ですが、可能な限り出張いたします。活動予定は、HPに随時UPしていきます。http://hanaiku.Jimdo.com