ひこばえ通信
2009年3月号(第272号)

関西よつ葉連絡会第8期総会を開催
地域に根ざした新たな仕組み作りを

田中昭彦(関西よつ葉連絡会事務局長) 

 1月によつ葉の8回目の総会がありました。最初の産直センターができて今年で34年、「何で8回やねん?」と言われそうですが、本当に8回しかやっていません。みなさんご存知のとおり、関西よつ葉連絡会は小さな共同購入会や小さな生協の集まりです。それぞれの地域で独立して活動しているので、みんな集まっての総会が今年8回目でも決して変ではないのです。

不況にめげず前向きな意見が次々に

 その総会に集まったのは、生産、配達、物流・企画の現場から約150人の職員。全員で議論する総会にするつもりだったのですが、人数が多すぎて無理でした。でも、世の中の不況にもめげず、それぞれの活動について前向きの意見が出され、実際に活動を進めていく上でも良い総会だったと思います。
 みなさん、現場の職員がいっぱい集まって総会をするのは変でしょうか? でも大真面目にやっています。会員(組合員)さんのところに配達に行って直接みなさんと接している配達現場の職員。よつ葉の農場や工場で実際に汗を流して仕事している職員。物流や企画・カタログ制作の現場で働いている職員。そんな現場の職員たちが、年に一度集まって、自分たちがこの地域に根ざして何を目指していくのかを確認する大事な総会にしたいと考えています。

破綻が明らかになったお金優先の経済活動

 私たちは、自分たちの仕事を下請けや派遣会社に丸投げして、不景気だからという理由で切り捨てるようなやり方が大嫌いです。生活の中の何でもかんでも商品にしてしまい、お金儲けだけを大事にする市場経済と金融のシステム。この十数年の間に世界中の多くの人たちが田畑や家を失くし飢えにさらされています。世界規模のマネーゲームの犠牲になっているのは、私たち自身の生活と農業・畜産・酪農・漁業・林業、そして自然そのものなのです。
 お金=経済優先の身勝手な政策や経済活動は破綻するか、自然の循環を壊すだけです。もともと、人間の生きる営みは「人と自然の素直な関係」を大事にしないと成り立たないように出来ていると思います。農業にしても野菜や穀物が自然の中で育つ手伝いをしているだけで、決して食べもの(命)を作り出しているわけではありません。私たち自身も自然の一部、「命のつながり」の内側で生きているのです。

具体的な活動を更に前へ進めます

 「今の世の中、どげんかせんといかん!」という気持ちがあっても、私たちの小さな力では一気に変えることはできません。だから、私たちは具体的な活動によって足元から生産・流通・消費の仕組みを作り直していきたいと考えています。
 「摂丹百姓つなぎの会」と共同した「地場野菜の取組み」、地域の大豆作りを守り広げる「大豆くらぶ」、農業・加工・流通の共同事業としての「世羅協同農場」、飼料(牛)の地域内自給を目指した「能勢農場の稲ワラ回収」、世代交代と職員の育成を考えた「よつ葉の学校」などなど、今年度も具体的な活動を一緒に考えながら更に前へ進めていくつもりです。みなさん、今年度もよつ葉をよろしくお願いします。