ひこばえ通信
2005年2月号(第223号)

労働者への暴行に抗議の稲垣代表、不当逮捕
炊き出しの灯を守ろう
釜ヶ崎炊き出しの会・梅澤晴美


▲ よつ葉の会員・職員も参加しての「釜ヶ崎フィールドワーク」(主催:地域アソシエーション研究所)は毎年の恒例行事となっています。写真は昨年のフィールドワーク(04.2.7)で炊き出しの説明をする稲垣さん。

マイク片手の抗議が どうして傷害容疑?

 昨年の12月20日に会代表の稲垣浩さんが礼状逮捕されてからもうすぐ1ヶ月になります。容疑が「傷害」と聞かされたとき、「西成署の刑事による労働者2名への暴行事件を、マイク片手に抗議していただけなのに、それがどうして傷害容疑になるの?」と憤りでいっぱいでした。呆然としている間に、関西よつ葉連絡会の方々が中心となり、救援の段取り、炊き出しの側面からの応援、車や運転手の手配……と、年末の忙しい中をてきぱきと動いてくださり本当に助かりました。また、トラック一杯に積まれた衣類、食料品も次々と解放会館に届けられ、嬉しい悲鳴をあげる毎日でした。よつ葉の会員さんからのカンパとのこと。この場をお借りしまして心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

「取り組む会」が発足 活動にご協力を

 さて、今年1月7日には稲垣さんが、また8日には労働者Aさんが起訴され、二人とも現在大阪拘置所に移っています。接見禁止ですので、面会も弁護士さんしかできません。弁護士さんは「この程度の事件なら普通罰金刑で出てこられる」とおっしゃっていましたが、警察は単なる傷害事件ではなく公安事件として扱っているようです。西成署の刑事による労働者への暴行事件をもみ消すために「傷害事件」をでっちあげ、事件とはまったく関係のない書類(被害を受けた労働者の診断書、聞き取りのメモ類)を押収していったのです。
 当の稲垣さんは、勾留の身でありながら炊き出しのことやテント生活をする仲間の健康を気遣い、また、「Aさんや自分の不当逮捕を許せない、最後まで闘う」とのメッセージを寄せています。なお先日「西成署による暴力事件と不当逮捕に取り組む会」が発足し、当面は早期釈放を目指して活動することになりました。
 炊き出し30年目を迎えての大きな試練ですが、仲間同士の助け合いとして始めた炊き出しの灯を消さないよう、皆様方のご協力に感謝しながら、この危機を乗り切っていく覚悟です。炊き出しは毎日午前11時と午後5時に行っています。よろしかったら、いつでもお気軽に炊き出しの見学にお越し下さい。
 現在は、若手の中田さん(35歳)が稲垣さんに代わって事務所の仕事、支援要請、炊き出し、病院訪問等に積極的に取り組んでくれています。また、二人への差し入れも担当し、一昨日は大阪拘置所に布団を差し入れてくれました。その中田さんも、年明け以降の寒さと過労が重なってでしょうか、とうとう熱を出して今日は一日寝込んでおります。寒さ厳しい折、皆様方もどうぞ、お体大切にお過ごし下さいませ。(2005年1月15日)


カンパのお振込みは下記郵便振替口座までお願いします。
口座番号:00980-1-167479
口座名称:西成署による暴力事件と不当逮捕に取り組む会

中山千夏さん憲法を語る
今、わたしたちに出来ること
〜未来に悔いを残さないために〜

日時:2月27日(日) 13:30〜15:30(開場13:00)
場所:高槻現代劇場(市民会館)402号室
参加費:999円(中高生:500円)
※保育(要予約)・手話通訳あり
主催:小沢福子後援会
TEL.072-675-1810 FAX.072-674-1970