産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

飯尾醸造産地交流会 なじみの「富士酢」蔵見学(2016/6)

常備している富士酢と富士すし酢の造る様子を見てみたい、活用法をもっと知りたい、と思い参加しました。

景観にお料理、それから本物のお酢造り、すべてにプレミアムな1日旅をありがとうございました。
穴場とも言える一字観公園では天の橋立をまさに一文字に観ることができ、感激でした。
舌も心も満足した「みなじ」での昼食。ご主人から地魚の説明があったおかげで、刺身に変身したサワラやカマスやタチウオなどの新しい味わいをかみしめることができました。

目的地の飯尾醸造さんでのプレミアムな体験からも多くを学ぶことができました。タンクに登ってのぞき込めるとは思ってもみないことでした。

ゆっくりと作るお酢だから、きっと甘さのあるふんわりとした香りになるのだなと感じました。
帰ってから、即、紅芋酢のタンサン割りを作りました。習慣にしていきます。これからも、料理にドリンクにと、お酢を活用していきたいと思っています。
(京滋会員 Y・Y)
  1. <
雨の予報が変わり、現地では晴れ、少し霞はかかっていたのですが天橋立も横一線に見ることができ、「日本っていいな」と少しほっこりした気持ちになりました。

お昼もおいしくいただきながら、それぞれのお考えを持った方たちとおしゃべりができたことで勉強にもなりました。
調味料の中でもお酢の使用頻度が少ないせいか、意識をして陳列台を見たり、製造工程に興味をもったことがなかったため、交流会参加までの間、自分なりに思いを馳せたのですが、不思議なぐらいに「無」でその自分に驚いた次第です。

現地で醸造されている現場を見て、お話を聞くことによりその理由が分かりました。その理由とは「本当に何も知らなかったから」、「お酢って凄く静かでその静けさに引き込まれそうで神聖な場所のように感じたから」です。自分にとって何もかもが新鮮に映り、意義のある交流会参加となりました。

(西京都会員 M・T)

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.

SSL GlobalSign Site Seal