産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

天ぷら・練り物

市販の練り物は“水でプヨプヨ”

おでんの季節に欠かせない天ぷらをはじめ、かまぼこやちくわなどの練り製品は現在、シェアの半分以上を占める輸入品を中心とした冷凍すり身が主な原料となっています。

冷凍すり身には、保水性を高め水を大量に加えてもプリプリした食感を出し冷凍劣化を防ぐ目的でリン酸塩と人口甘味料のソルビットなどの糖類が加えられます。これらは、コストを下げるために欠かせないのですが、その分魚の旨味は薄くなるため、アミノ酸などが必要となります。またリン酸塩は、ハムやソーセージ、清涼飲料水などに幅広く使われ、口にする機会の多い添加物ですが、摂取し過ぎるとカルシウム不足を引き起こす恐れがあります。さらに、あまり知られていませんが、原料の冷凍すり身に使われているリン酸塩や糖類は最終製品への表示義務がないため、ラベルの裏を見ても記載されていないことが多いのです。

一方、よつば水産の天ぷらは、リン酸塩無添加の冷凍すり身や大阪湾で水揚げされる鮮魚を原料として作っています。すり身に加える糖類も、粗製糖を使用。水のばししていないしっかりした食感と魚本来の旨味があり、そのまま食べても煮物やおでんの具としてもおいしい天ぷらです。
  1. < よつば水産
    よつ葉のミニ天ぷらセット

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.