産直の野菜、果物、お肉などを宅配する「関西よつ葉連絡会」-
お届けするのは作る人の想いと、信頼できる食品です

よつ葉のインターネット注文︎
関西よつ葉連合会

こんにゃく

生芋から作るおいしいこんにゃく

一般のスーパーなどで販売されているこんにゃくの多くは、こんにゃく芋の粉(精粉)が原料。この精粉はマンナン質のみを精製したものなので、こんにゃく本来の風味や旨みはほとんどありません。また見た目の「こんにゃくらしさ」を出すために海藻粉がブレンドされますが、海藻粉は凝固剤である水酸化カルシウムを吸収する性質があるため、凝固剤を多く使う必要があり、それが特有のアクや臭みの原因になります。

大矢商店はこんにゃく生芋をそのまま使うため、こんにゃく芋の持っている本来の風味を最大限引き出すことができる上、海藻粉を使う必要もないので凝固剤も最小限に抑えられます。

製造する上では、生芋の状態に合わせた水分量や熟成時間、凝固剤の分量などを調整する必要があり、大量生産には不向きで手間とコストもかかりますが、アクや臭みが少ない、こんにゃく生芋本来の味わいを残せます。
  1. <
  2. <
  3. <

Copyright © 関西よつ葉連絡会 2005 All Rights Reserved.